不動産ニュース

東京都心5区のビル空室率、再び上昇/三鬼商事調査

 三鬼商事(株)は9日、2017年1月時点における、全国主要都市のオフィスビル最新市況調査結果を発表した。

 東京ビジネス地区(都心5区=千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は3.74%(前月比0.13ポイント上昇)。大型解約の動きは少なかったものの、大規模ビルを含む新規供給があったことがその要因。

 新築ビルの空室率は21.45%(同6.13ポイント上昇)。大規模ビル3棟を含む7棟の新築ビルが竣工した。既存ビルの空室率は3.16%(同0.13ポイント低下)。
 1坪当たりの平均賃料は1万8,582円(同42円増)。新築は2万8,479円(同575円増)、既存は1万8,306円(同13円減)。

 大阪のビジネス地区の平均空室率は4.85%(同0.39ポイント低下)と7ヵ月連続で低下。地区外からの移転や拡張移転、建て替えに伴う大型成約の動きが見られた。さらに解約の影響も少なかったことから、空室面積が約8,600坪減少した。1坪当たりの平均賃料は1万1,062円(同11円増)。

記事のキーワード 一覧

NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2017年4月号 税制、法律、行政情報、マーケットトレンド、建築基礎講座、 マナー講座など…

日々の業務に役立つ情報満載! ご購読はこちら

ピックアップ書籍

マンション管理士合格講座/ 管理業務主任者合格講座アットホームスタディ

マンション管理士または管理業務主任者の資格取得を目指す方へ

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

お知らせ

2017/3/22

不動産流通研究所HP、リニューアルしました

不動産流通研究所の公式ホームページ「R.E.port」がリニューアルしました!気になるキーワードで記事を検索できるほか、メルマガ登録時、もしくは配信されるメルマガからキーワードを登録していただくと関連するニュースを随時お届けします。リニューアルした「R.E.port」を是非ご活用ください!!