不動産ニュース

津波被害受けた仙台物流センターの事務所が竣工/ナイス

「仙台物流センター事務所棟」外観
「仙台物流センター事務所棟」外観

 ナイス(株)は16日、「仙台物流センター事務所棟」(宮城県多賀城市)を竣工した。東日本大震災で6mの津波被害を受け、震災直後から仮設で業務開始、新築工事を進めていた。

 仙台港に隣接する工業団地「仙台港背後地」に位置し、東北自動車道と仙台南部・東部・北部道路を結ぶ環状道路を活用できる立地。

 建築面積約187平方メートル、延床面積約356平方メートル。日本初となるCLTと鉄筋コンクリート造の平面混構造2階建て。宮城県初のCLT建築物で、木材産業の復興に寄与することを目的に、木材はすべて宮城県産を使用した。

 なお、東北地方では初となる、建築物省エネルギー表示制度「BELS」の最高ランク★★★★★を取得。壁に15mm厚のCLTパネルを用いるなど、高性能断熱材や高効率設備を組み合わせることで確保した、高い外皮性能と省エネルギーが評価された。

NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2017年4月号 税制、法律、行政情報、マーケットトレンド、建築基礎講座、 マナー講座など…

日々の業務に役立つ情報満載! ご購読はこちら

ピックアップ書籍

マンション管理士合格講座/ 管理業務主任者合格講座アットホームスタディ

マンション管理士または管理業務主任者の資格取得を目指す方へ

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

お知らせ

2017/3/22

不動産流通研究所HP、リニューアルしました

不動産流通研究所の公式ホームページ「R.E.port」がリニューアルしました!気になるキーワードで記事を検索できるほか、メルマガ登録時、もしくは配信されるメルマガからキーワードを登録していただくと関連するニュースを随時お届けします。リニューアルした「R.E.port」を是非ご活用ください!!