最新不動産ニュース

2017/2/17 18:00 更新 

期中4物件を取得し1物件を譲渡。1口当たり分配金9,768円/IIF12月期決算

 産業ファンド投資法人(IIF)は16日、2016年12月期決算を発表した。

 当期(16年7月1日〜12月31日)は、営業収益80億6,900万円(前期比2.3%増)、営業利益44億1,600万円(同1.8%増)、経常利益34億4,300万円(同1.8%増)、当期純利益34億4,200万円(同1.8%増)、利益超過分配金を含む 1口当たり分配金は9,768円(同178円増)となった。

 期中、「IIF横浜新山下R&Sセンター」(取得価格37億9,800万円)、「IIF大阪此花ロジスティクセンター」(同44億3,700万円)などの4物件・取得価格114億1,700万円を取得。また、「IIF東雲R&Dセンター」(譲渡価格90億6,000万円)を譲渡した。期末の保有資産は物流施設31物件、工場・研究開発施設等9物件、インフラ施設9物件で、取得価格合計は2,127億1,700万円となった。総賃貸可能面積は104万9,641.69平方メートル、期末の平均稼働率は99.9%。

 次期は、営業収益1,004億700万円、営業利益57億4,100万円、経常利益45億8,000万円、当期純利益45億7,900万円、利益超過分配金を含む1口当たり分配金は1万1,538円を見込む。

産業ファンド投資法人

この記事をスクラップする
携帯サイトはこちらのQRから!

2017/2/17 その他のニュース

記者の目

海外トピックス

ニュースランキング
携帯コンテンツ

最新不動産ニュース



不動産用語集

ニュース
バックナンバー