公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

渋谷でリファイング建築の初弾/ミサワH

2017/04/21 18:00更新

リファイニング後のイメージ


 ミサワホーム(株)は19日、既存の職員住宅を賃貸住宅に再生し、同社の保有物件として活用するプロジェクトの着工を発表した。


 北海道が保有する築50年超の職員住宅「旧初台公宅用地」の有効活用プロジェクト。北海道の公募にミサワホームが応募。既存建物を再利用して超寿命化が図れるリファイニング建築で再生・活用する提案をして、選定された。


 リファイニング建築は、内外装や設備類、間取りなどの変更と同時に建物自体の耐震性の確保や耐用年数を向上し、第三者機関より評価を取得する建築再生手法。


 同物件は新耐震基準に合致していなかったことから、現行の基準にあわせた補強を施し、耐震性を確保した。


 物件の敷地面積は535.47平方メートル、延床面積は1,017.20平方メートル。鉄筋コンクリート造地上4階建て。3ヵ所あった屋外階段をすべて撤去し、3DK・18戸の間取りを1LDK・17戸1DK・4戸に変更した。


 また、従来、車庫・室内であった場所にエレベータおよび屋内階段、廊下を設置したほか、新たにエントランスを設けた。


 2017年11月完成を目指す。