公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会

不動産関連ニュース

2017/04/21 18:00更新

混構造の住宅発売/桧家HD


「スマート・ワン カスタム ハイブリッド」外観イメージ


 (株)桧家ホールディングスは28日、子会社の「桧家住宅」ブランド5社およびレスコハウスにおいて、1階を鉄筋コンクリート造のWPC工法、2・3階を木造軸組み工法の混構造で建てる「スマート・ワン カスタム ハイブリッド」を発売。29日にグランドオープンする(株)桧家住宅東京 新・川崎展示場(川崎市中原区、新・川崎住宅公園内)にモデルハウスを出展する。


 都心部の狭小宅地での3階建てや道路斜線や北側斜線などの規制が掛かる宅地での販売強化が狙い。「スマート・ワン カスタム ハイブリッド」は「鉄筋コンクリート」の持つ堅牢さや耐震・耐火性・耐久性と「木」の持つ自由性や住み心地を併せ持つのが特長。それぞれの特性を生かし、住宅を建築する上で考慮しなければならない条例や制限に対応する。


 また、音楽室・シアタールームの設置や2階での浴室設置など、遮音性に優れ、地震等の振動による漏水リスクの低い鉄筋コンクリート造の特性を生かした提案も想定する。


 建物本体価格は、3階建て(97.08平方メートル)の場合で1,812万円〜(税抜き)。販売エリアは、東京・神奈川 ・千葉・埼玉・茨城(一部エリアを除く)。




公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会