海外トピックス

2004/7/2

vol.14 「表札」

白い柱に黒字の数字。車を運転しながらでも容易に目につく
白い柱に黒字の数字。車を運転しながらでも容易に目につく
れんが造りの家の入り口に表示された番地。日本の表札のような名前も通りの名もなく、ただ番地の番号だけ
れんが造りの家の入り口に表示された番地。日本の表札のような名前も通りの名もなく、ただ番地の番号だけ
バンガロースタイルと呼ばれる今世紀初頭の堅牢な家。有名な建築様式だ。窓と窓の間にある番地表示、見えますか?
バンガロースタイルと呼ばれる今世紀初頭の堅牢な家。有名な建築様式だ。窓と窓の間にある番地表示、見えますか?
郵便受けの下に取り付けられた番地表示
郵便受けの下に取り付けられた番地表示

アメリカでは、番地で家を探す

「表札」を辞書で引くと“NAME PLATE”と出ている(Sanseido, Crown)。
しかしアメリカでは、個人名でなく、番地だけが表示される。だから長年同じ家に住み、近所の人々の顔を見知ってはいても、お互い苗字を知らないことが多い。これはプライバシーを守ったり、安全のためというよりは、合理的な配慮からきている。

アメリカは基本的に車社会である。車を運転しながら家の名前を探し当てるのは難しい。それに比べ、番号なら見やすいし、第一、進む方向によって番地の数が増えるか減るかだから分かりやすい。
さらに、通りの片側は奇数、反対側は偶数になっているので、通りさえ間違えなければ誰でも目的の家を容易に見い出せる。これは不動産売買において、仲介エージェントが客に何件か売家を見せて回る際にも便利だ。

家のスタイルに合わせ、さまざまなデザインの数字が

ところで、表札は分かりやすいことが大切である。郵便物は住所の番号が違えば配達されないし、訪れる人にとり夜でも見やすいように配慮されるべきである。持ち主は自分の家のスタイルに従い数字のデザインを選ぶ。例えばテューダースタイルのようなレンガや石造りの古風な家は格調高いゴシック文字、木造のランチスタイルのようなくだけた家ならタイムズローマン文字、近代的な家ならノイエハース文字など・・・。南欧風の陶器の番号表札はフロリダでしばしば見かけるスタイルだ。
表札も数字もハードウェアストア(荒物屋)で手軽に買える。カタログショッピングで注文する人も多い。

初めての来訪者も分かりやすい「アメリカ」

アメリカは新しい国なので、ヨーロッパや日本のような城郭、城下町の歴史はない。そのため、まがりくねった道や突然行き止まりになる古い家並みもなく、どこに行っても区画が整然としていて、碁盤の目のように規則正しく番号がふってある。西と東、あるいは北と南に住所の番号が振り分けられ、初めて訪れる町でもすぐに親しみが持てる。
通りはアメリカ5大湖の名や大統領、木の名前、州の名などがつけられている。どこの州に行ってもあるのが、ワシントン通り(大統領の名)やメープル通り(かえで通り)。

日本では由緒ある地名がなくなる(?)

一方、日本には鍛冶町、嵯峨野、明神下、佃島、鷹峯仏谷、…など数え上げたらきりがないが、歴史をしのばせる町名が多い。しかし昨今は、合理化(?)のために、町名変更で由緒のある名前が失なわれてきているときいた。
日本とアメリカでは、どちらがいい、悪いでなく、歴史の成り立ちが違うのになぁ…。「合理的」なシカゴの番号表札を眺めながら、そんなことを興味深く考えた。

明美コーン

コーン 明美
横浜生まれ。多摩美術大学デザイン学科卒業。1985年米国へ留学。ルイス・アンド・クラーク・カレッジで美術史・比較文化社会学を学ぶ。 89年クランブルック・アカデミー・オブ・アート(ミシガン州)にてファイバーアート修士課程修了。 Evanston Art Center専任講師およびアーティストとして活躍中。日米で展覧会や受注制作を行なっている。 アメリカの大衆文化と移民問題に特に関心が深い。音楽家の夫と共にシカゴなどでアパート経営もしている。 シカゴ市在住。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。