海外トピックス

2004/7/16

vol.15 表通りと裏通り

道路とは完全に分かれている歩道。住宅の前庭は芝生で、常にきれいにしていないと近所から文句が出ることも…(シカゴ市内で)
道路とは完全に分かれている歩道。住宅の前庭は芝生で、常にきれいにしていないと近所から文句が出ることも…(シカゴ市内で)
住宅は市によって建築規制があり、新築・改築の時には設計図を提出して審議会の許可を受ける。突飛なデザインや色には町全体の景観を乱すということで許可が下りない
住宅は市によって建築規制があり、新築・改築の時には設計図を提出して審議会の許可を受ける。突飛なデザインや色には町全体の景観を乱すということで許可が下りない
道路と住宅の間の歩道。自転車は車道を通行する。歩道は文字通り歩く人だけ
道路と住宅の間の歩道。自転車は車道を通行する。歩道は文字通り歩く人だけ
alley(住宅の裏側の通り)。ガレージとゴミ箱が連なっている。ゴミは家の前には出さないので町の美観が保たれる(シカゴ市内。最近新しく建設された住宅コミュニティ)
alley(住宅の裏側の通り)。ガレージとゴミ箱が連なっている。ゴミは家の前には出さないので町の美観が保たれる(シカゴ市内。最近新しく建設された住宅コミュニティ)
アレィには、市から配給されたゴミ箱が並ぶ。電信柱も裏通りにある(シカゴ市)
アレィには、市から配給されたゴミ箱が並ぶ。電信柱も裏通りにある(シカゴ市)

空から見ると美しい「アメリカのまち」。その秘密は?

碁盤の目になっている都会の通りには表通りと裏通りがある。その区割りは市によってなされ、時代によりまちまちではあるが、どの家もだいたい向こう三軒両隣、同じ敷地面積である。住宅の前に前庭、歩道、並木、そして道路。裏手は裏庭、そしてアレィ(alleys)とよばれる裏通り。これがアメリカの都市の基本の区画割りである。だから空から見ると一目瞭然、整然と幾何学的にその区画が連なっているのが眺められる。

いつも静かで美しい表側

表通りはよそ行きの顔。美しく刈った芝や花々で飾られる。車庫はたいがい裏通りに面しているので出入りは裏口から。だから表通りはいつもひっそりと静かである。最近は車が増え、それらが道路両側にびっしり駐車しているが…。道路の両側は並木道になっており、秋は木々が美しく紅葉するし、春は新緑が麗しく、夏には涼しげな木陰を与える。歩道は道路とは並木をへだてて別になっており、乳母車や幼児の安全を守る。

裏通りが都市機能の潤滑油

アレィ(裏通り=alleys)はそこに住む人々の車の出入りの他、ゴミ収集車、電気や電話の故障修理車が通行する。電信柱が立ち並ぶのもアレィだ。ゴミの回収はシカゴ市では週1度。大きなゴミ箱が市により設置されている。ゴミ箱に入り切らない大きなもの(こわれた椅子やロッカーなど)を捨てる時はかたわらに出しておくと、メキシコ人がトラックでしばしば近隣のアレィを回っていてめぼしいものを回収してゆく。空き缶などまとめて出しておくと即日無くなっている。シカゴ市はまだゴミ類別収集が徹底していないが、リサイクル循環がうまくいっているというわけだ。

犯罪多発で一時はアレィ廃止の動きもあったが

1960年代以降、車の数が増えたため、都市計画として前庭や家の横に車が駐車できるよう区画デザインがなされ、さらにアレィが犯罪を引き起こす場になったりで、アレィを廃止した地区も少なくなかった。ところが最近、アレィを見直す動きが出始め、新しいまち作りにアレィを組み入れるところも出てきた。アトランタ市(ジョージア州)の土地開発業者はMountain View Villageと名付けられた住宅地(200軒以上のタウンハウス、30軒の一戸建て住宅)を計画中で、その区画にはアレィが含まれるそうである(05-09-04, The Atlanta Journal Constitution)。 

日本の「ハレとケ」にも似たシカゴの「表通りと裏通り」

以前ニューヨーク市で起きたゴミのストライキを覚えておられる方もあるだろうが、道路に山と積まれ何日も放置されたゴミは目障りなものである。シカゴ市の表通りと裏通りのアイディアは町づくりをする上で考慮してよい点と思うのだが…。この表通りと裏通りにそれぞれ用途を分けた伝統的なシカゴの町割りは、日本独特の「ハレ」と「ケ」の考え方のシカゴ版といえるかもしれない。

明美コーン

コーン 明美
横浜生まれ。多摩美術大学デザイン学科卒業。1985年米国へ留学。ルイス・アンド・クラーク・カレッジで美術史・比較文化社会学を学ぶ。 89年クランブルック・アカデミー・オブ・アート(ミシガン州)にてファイバーアート修士課程修了。 Evanston Art Center専任講師およびアーティストとして活躍中。日米で展覧会や受注制作を行なっている。 アメリカの大衆文化と移民問題に特に関心が深い。音楽家の夫と共にシカゴなどでアパート経営もしている。 シカゴ市在住。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です

改正ポイントをチェックして、実務にお役立てを!

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/5/10

「記者の目」更新しました

築古建物、息を吹き返せるかどうかはアイディア次第」を更新しました。
昨今、遊休化した社宅物件を再生、活用する動きが各所で見られる。今回は、再生が困難なはずの築古の社宅・社寮物件を、持ち前の発想力、マーケティング力で人気物件へと生まれ変わらせた事例を紹介!