不動産ニュース / 開発・分譲

2017/3/28

ベトナム・ハイフォンでホテル開発/大和ハウス

「(仮称)Water Front City Project」
完成イメージ
(左がロングステイホテル、
右が「(仮称)ホテル・ニッコー・ハイフォン」)

 大和ハウス工業(株)と(株)フジタは27日、ベトナム・ハイフォン市において超高層街区「(仮称)Water Front City Project(ウォーター フロント シティ プロジェクト)」を共同開発すると発表した。

 同プロジェクトは、両社が出資する「中央合同会社」の子会社「Chuo Vietnam Co.,Ltd(チュウオー ベトナム)」が手掛ける、ホテル(「(仮称)ホテル・ニッコー・ハイフォン」(269室))と長期滞在者を対象としたロングステイホテル(182室)を建設する開発プロジェクト。ハイフォン中心部より車で約10分、「カットビー国際空港」や「ハロン-ハイフォン間高速道路」のインターチェンジへも近いエリアに位置。敷地面積1万304平方メートル、延床面積3万9,056平方メートル、鉄筋コンクリート造地上21階地下1階建て。

 施工はフジタが行ない、ホテル運営は(株)オークラ ニッコー ホテルマネジメントに、ロングステイホテルの運営は大和リビングマネジメント(株)に委託。各社の専門分野におけるノウハウを生かし、日本企業進出に伴う日本人駐在員、出張者および観光客などの宿泊ニーズに対応する。2017年6月より造成工事に着手し、20年に開業する予定。

 なお、ハイフォン市は、ホーチミン、ハノイに次ぐベトナム第3の都市として位置付けられており、近年は高速道路や国際空港、大規模な港の整備が進み、日系企業が多く進出。投資先として期待されている一方で、良質な宿泊施設の不足も顕在化しており、今後より一層の需要増加も見込まれている。

 両社は、今後も引き続き海外でのホテル・ロングステイホテル事業をはじめ、建設・開発投資に注力していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

街区

市街地を構成する単位で、街路などによって区画され共通の空間特性を帯びる一団の区域をいう。都市計画、景観計画、市街地再開発計画などにおいて空間の特性等を把握する上での基本単位とされることが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。