不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/4/18

注目の投資セクターは「オルタナティブ資産」/JLL

 JLLがこのほど発表したレポートによると、データセンターや研究施設、介護施設、学生寮、教育施設など「オルタナティブ資産」への投資が注目されている。

 特に、アジア太平洋地域では、都市人口の増加に伴う教育施設やセルフストレージなどへの需要や、急速なスマートフォンやIoTの普及などに伴うデータセンターへの需要の高まりが見込まれているという。また高齢化の進展により、介護施設やシニア住宅の需要も堅調に伸びると推測した。

 同社アジアパシフィック キャピタルマーケット オルタナティブ統括COOのRohit Hemnani氏は「アジア太平洋地域のオルタナティブ市場はアメリカやヨーロッパに比べると未成熟だが、長期リースがベースとなり、安定した収益が見込まれることから、市場のボラティリティの抑制ができる」とコメントしている。

 なお、現在のオルタナティブ資産の利回りは、東京・シンガポールで4~6%、シドニーで6~7%。ちなみにオフィス等のコア資産の利回りは、東京で2.5%、シドニーで4.5%。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
4月1日施行の税制改正について解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/5/25

「記者の目」更新しました

犬種限定の賃貸 “フレンチブルと住む家”」を更新しました。

ペットと暮らせる賃貸住宅はもはや珍しくはありませんが、ミサワホーム(株)東京西支店がこのほど竣工したのは、戸建賃貸「フレンチブルドックと住む家」…まさかの犬種限定戸建賃貸住宅です!間口が狭いニッチな企画。「なぜ犬種を限定したのか」「なぜフレンチブルなのか…?」など、疑問にお答えいただきました。