不動産ニュース / ハウジング

2020/5/1

生活提案軸足に商品体系を統一/アイフルH

「FAVO for OUTDOOR」の外観イメージ

 (株)LIXIL住宅研究所アイフルホームカンパニーは4月29日、既存の戸建て商品体系を統一した新商品「FAVO」を発売した。

 同社の既存商品はこれまで、自由設計2階建ての「セシボ」、平屋建て「アヤ」、3階建て「スプリーム」、セミオーダーの「シンプルライフ.」と階高や仕様・性能といったハード面で商品を分類していたが、これを生活提案を軸とした「FAVO」に一本化。今後は提案するライフスタイルごとに、庭遊びを楽しめる「OUTODOOR」や、のびのびとした子育てができる「KIDS」など11種類のシリーズ商品を用意する。

 また、安心・安全面での強化として、ハイブリッド光触媒を使った建材を住戸内に施工・設置することで、住空間の健康妨害物質を持続的に軽減するほか、10年間の無償設備保証も標準化した。

 建物は自由設計の木造軸組金物工法。2020年度は3,000棟の販売を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。