2017/06/19 18:00更新
福岡市に九大生向け賃貸マンション/日土地

「(仮称)九大学研都市プロジェクト」外観イメージ


 日本土地建物(株)は19日、学生用マンション「(仮称)九大学研都市プロジェクト」(福岡市西区、総戸数126戸)を着工した。


 同計画は、九州大学のキャンパス移転を契機とする学生用マンションの需要を見据えて事業化したもの。JR筑肥線「九大学研都市」駅徒歩1分に立地。建物は、鉄筋コンクリート造地上10階建て、敷地面積約1,054.89平方メートル、延床面積4,176.50平方メートル。間取りは1R、住戸面積24.18〜25.35平方メートル。


 1階に住戸を設けず、駐輪場やバイク置場などを全住戸分配置。カメラ付オートロック、防犯カメラ、カードキー・システム等を備える。また、共用廊下は中廊下方式としてプライバシー性を高めるほか、各住戸は、トイレ、洗面室、ユニットバスをそれぞれ独立して設置、室内物干し用のルームハンガー等を備えるなど、利便性・快適性を追求した計画とした。


 同社ではこれまで、学生用マンションを東京、大阪、名古屋、仙台、福岡などで計13棟開発しており、同計画においても、これまでの開発ノウハウを活かしていく。竣工は2018年8月、入居開始は同年9月の予定。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved