2017/06/19 18:00更新
サステナブルな次世代住宅を募集

 国土交通省は19日、「平成29年度サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」の提案募集を開始した。


 同事業は、IoT技術等の活用による住宅の市場価値および居住・生産環境の向上等に係る先導的な技術の普及啓発を図ることを目的に、住宅等のリーディングプロジェクトの整備費等の一部を補助する。


 対象条件は、(1)IoT技術等を活用した住宅等、(2)一定の省エネ性能等を満たす、(3)平成29年度に事業着手、(4)「IoT技術等を活用した次世代住宅懇談会とりまとめ」を踏まえたもの、など。補助率は補助対象費用の2分の1。補助限度額は、共同住宅は総事業費の5%または10億円のいずれか少ない金額、戸建住宅は300万円/戸。


 応募期間は7月28日まで。学識経験者等からなる「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)評価委員会」による評価結果を踏まえ、同省が採択を決定する。採択結果は9月上旬に公表する予定。詳細はホームページ参照。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved