2017/07/14 18:00更新
東京圏の住宅地地価、3四半期連続で上昇

 (株)三友システムアプレイザル不動産金融研究所は14日、「三友地価インデックス 東京圏の最新地価動向」(2017年第2四半期)を公表した。


 当期(17年4〜6月)の東京圏全体の地価変動率は、住宅地が前年同期比プラス1.0%・前期比マイナス2.4ポイントと、3四半期連続で上昇した。商業地は同プラス11.3%、同プラス9.5ポイントと11四半期連続での上昇となった。


 都県別では、住宅地は東京都・神奈川県・埼玉県は上昇。千葉県のみが下落した。前年同期の上昇が大きかった反動が原因。商業地は1都3県すべてが上昇した。


 1994年第2四半期を100とした地価指数は、住宅地が68.5(前期比0.2ポイント上昇)、商業地が52.9(同3.8ポイント上昇)。2012年以降おおむね上昇傾向で、商業地は08年以来の5割台を回復。都県別では、住宅地は東京都と神奈川県が相対的に高く、千葉県と埼玉県は低い。商業地は、東京都が58.0と6割弱水準まで回復したが、神奈川県・千葉県、埼玉県は低い状態が継続している。


 東京都内のエリア別では、地価変動率は都心部・南西部・北東部がいずれも上昇。多摩地区が横ばい。地価指数については、南西部の水準が高く、それ以外の各エリアとの差が大きくなっている。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved