2017/07/14 18:00更新
ナイスH、藤沢の住宅展示場にモデルハウス

モデルハウス外観


 すてきナイスグループ(株)傘下のナイスホーム(株)は15日、住宅展示場「TVKハウジングプラザ藤沢」(神奈川県藤沢市)に、一戸建て住宅「パワーホーム」のモデルハウスをオープンする。


 同社の住宅展示場モデルハウスは、2015年11月オープンした「TVKハウジングプラザ横浜」(横浜市西区)に次ぐ2拠点目。藤沢市は、湘南ブランドを背景とした転入超過が続いており、同社も湘南エリアで今後100棟超の供給を予定していることから、同エリアでの供給活動の拠点と位置づける。


 モデルハウスは、2階建て3LDK+ロフト(専有面積167平方メートル)。「自然とつながる」をテーマに、天井高最大6mの開放感のあるリビング、LDと連続性のあるアウトドアリビング、自転車が置ける玄関ホール、フランス瓦の外観などを採用、内装にはヒノキやスギなどの国産材を多用した。


 また、断熱性、省エネ性、耐震性など長期優良住宅を上回る「パワーホーム」の標準スペックをさらに向上。壁天井の充填断熱、壁の付加断熱のため、2種類の木質繊維断熱材を採用。一部を除く窓にトリプルサッシを採用するなどして、国内最高クラスの外皮性能水準「HEAT20」最高グレード相当、建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」最高の5つ星を達成している。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved