2017/09/13 18:00更新
物流倉庫内にICTショールーム開設


「MFLP ICT LABO」




 三井不動産(株)は13日、「三井不動産ロジスティクスパーク船橋I」(千葉県船橋市)内に、物流のICT関連商品や製品を展示したショールーム「MFLP ICT LABO」をオープンした。


 物流倉庫で発生する「入荷・出荷」「搬入」「格納/保管」「ピッキング」「仕分/梱包/検品」の5つの業務を支援するICT関連機器など15種類を展示・紹介。詳しい説明を聞きながら、実際に操作・体験することもできる。


 問い合わせや見学には、同社担当者が対応。入居検討企業に対して、各メーカーと連携して購入サポートも行なう。また、リース会社などと連携した貸し出しスキームも用意する。既存テナントに対する業務改善に向けたコンサルティングも提供していく。


 同社ロジスティクス本部ロジスティクス事業部長の寺島道人氏は、「ECの急激な普及・発達で、物流業界全体で人手不足が起きている。物流倉庫内の自動化・無人化の実現に向けて、入居を検討される企業と具体的な課題や解決策を探る場として活用していきたい」と述べた。


 見学は完全予約制。ホームページ(http://mflp.mitsuifudosan.co.jp)または、電話(03-3246-3478)で。











アムンゼン社の「イージーリフト」。20kgもの荷物を片手で楽に運ぶことができる




SMFLレンタル社の「CARRIRO」。ビーコンに反応し、追従して運搬できる。さらに1度に3台の台車を動かすことができるという




一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved