2017/09/13 18:00更新
産業用施設の改修等でCRE戦略をサポート

 三菱商事(株)と、同社100%子会社の三菱商事都市開発(株)(MCUD)は13日、企業のCREサポート事業として、産業用施設の開発・大規模改修事業に参入すると発表した。


 MCUDは千葉県市川市内に冷凍冷蔵庫兼加工センターを主要用途とする産業用施設を2物件取得。改修に着手している。


 第1号案件は、築25年超の老朽化した施設。テナントの施設利用を継続しながら老朽化した設備の更新や外装の改修などを行ない、運営効率の向上および経費削減というテナントニーズに応える。


 第2号案件は築15年の汎用性の高い産業用施設。施設内のレイアウト変更を通じて施設の利便性を高める大規模改修を行ない、新テナントの誘致に成功した。


 三菱商事は総合商社として広範な業界との接点・企業ネットワークおよびプロジェクトマネジメント機能などを駆使し、事業会社が所有する不動産の課題に対し最適なソリューションを提供してきた。
 今後は、商業施設、物流施設、分譲住宅等の不動産関連事業に積極的に取り組み、総合商社の強みを生かしたCREサポートを一つの柱とし、不動産開発事業を拡大していく考え。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved