2017/10/12 18:00更新
熊本で県産材使った医療施設が上棟
三井ホーム
「みらいこどもクリニック」の上棟現場


 三井ホーム(株)は11日、地元の県産材を使った医療施設「みらいこどもクリニック」(熊本県熊本市)が上棟したことを明らかにした。


 同社が施工する医療施設では初めて地元の県産材を使用。熊本県は地元県産材利用に向けた環境整備が進んでおり、同社でも17年度に同県内で施工する戸建ての7割に県産材を使用する。今回は、ツーバイフォー工法の主要構造材であるスタッド(壁部分を構成する縦枠材)の全量を県産材とした。


 建物外観は曲線を効果的に取り入れた英国風デザイン。災害時には地域の防災拠点にもなるよう、同社独自の制振システムも導入している。


 敷地面積782.59平方メートル、建物は地上2階建て、延床面積は403.72平方メートルの省令準耐火建築物。完成は11月の予定。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved