2017/11/14 18:00更新
沖縄・瀬底島に高級タイムシェアとホテル開発

左は「ヒルトン・グランド・バケーションズ」、
右は「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」外観イメージ


 森トラスト(株)は、ヒルトン・グランド・バケーションズ(米国フロリダ州、社長兼最高経営責任者:マーク・ワン氏)、ヒルトン(米国バージニア州、取締役社長兼最高経営責任者:クリストファJ. ナセッタ氏)と、沖縄県瀬底島に建設する複合宿泊施設の契約締結を発表した。


 瀬底島は、沖縄本島の西側にある3kmからなる小さな離島で、那覇空港から車で約1時間半の立地。島にある800mにも渡るビーチでは、シュノーケリングやジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しむことができる。


 同プロジェクトは、敷地面積13万3,791平方メートル、2つの施設で構成。今後、沖縄が世界水準のリゾートとして発展するために、短期から長期滞在まで対応できるように、高級タイムシェア・リゾートとホテルを合わせて計画したもの。タイムシェア・リゾート「ヒルトン・グランド・バケーションズ」(客室数132室)は、地上10階建て、延床面積約1万5,000平方メートル。ホテル「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」(総戸数約300室)は地上9階建て、延床面積約2万1,000平方メートル。


 開発は、森トラストが担当。ヒルトン・グランド・バケーションズが「タイムシェア・リゾート」を所有、運営する。ヒルトンは「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」を運営する。


 森トラストとヒルトン・グランド・バケーションズにとっては初の提携。ヒルトン・グランド・バケーションズは、「タイムシェア・リゾート」を日本で初めて発表するプロジェクトとなる。


 ヒルトン・グランド・バケーションズが展開するタイムシェア・システムは、1週間単位でリゾートの所有権を販売。オーナーは、それぞれのニーズに合った滞在型のバケーションを楽しむことができる。所有権は、「固定週」と「浮動週」、オンシーズン、オフシーズンなど、さまざまな種類があり、個人のニーズに合わせて選択が可能。


 「ヒルトン・グランド・バケーションズ」は、全室(1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルーム)がオーシャン・ビュー。各部屋にはキッチンが完備され、専用プールなどリゾート内の全施設が利用可能。「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」も、全室オーシャン・ビュー。2つのレストランと、ラウンジ、バー、チャペル、会議室、屋外・屋内プール、スパ、フィットネス施設、ビーチハウスなどの施設を完備する予定。


 「ヒルトン・グランド・バケーションズ」は2018年着工、21年開業の予定。「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」は18年着工、20年開業の予定。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved