2017/11/14 18:00更新
AM管理事業が好調/ケネディクス17年12月期3Q

 ケネディクス(株)は13日、2017年12月期第3四半期決算(連結)を発表した。


 当期(17年1月1日〜9月30日)は、売上高187億600万円(前年同期比6.5%増)、営業利益86億6,900万円(同10.3%増)、経常利益84億4,500万円(同3.6%減)、当期純利益77億8,900万円(同9.7%減)。


 アセットマネジメント事業は、受託資産が拡大したことに伴い運用報酬であるアセットマネジメントフィーが増加したことなどにより、営業収益は77億3,800万円(同18.0%増)、営業利益は50億4,100万円(同16.1%増)となった。


 不動産管理事業は、プロパティ・マネジメント事業や内装工事事業の収益が好調だったことから、営業収益は20億2,700万円(同12.5%増)、営業利益は6億3,200万円(同23.3%増)となった。


 不動産営業事業は、サービスオフィス事業の業績が好調だったものの、サービスアパートメント事業における運営物件の減少および修繕による稼働賃室数の減少が影響し、営業収益は25億8,200万円(同6.9%減)、営業損失は1億1,900万円(前年同期は1,800万円の営業利益)となった。


 不動産投資事業は、不動産売却収入および受取配当金収入が増加する一方、匿名組合分配損益が減少したことから、営業収益は66億9,900万円(同3.6%減)、営業利益は38億7,300万円(同0.1%減)となった。


 通期については、売上高240億円、営業利益109億円、経常利益107億円、当期純利益105億円を見込む。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved