2018/03/13 18:00更新
17年のホテル取引、件数・金額とも2ケタ減

 JLLは13日、日本におけるホテル資産取引についての調査結果を公表した。


 2017年通年の取引ホテル数(18年2月末の集計時点)は56件(前年比11%減)、取引額は約3,390億円(同13%減)。ホテルを含む商業用不動産の取引額は前年から13%上昇しているが、ホテルだけを切り出すと大きく減少した格好だ。しかし、投資家の投資意欲そのものは引き続き高く、売却されるホテル物件の減少が影響したとみられる。


 買い主属性別にみると、16年まで活発にホテルを買収していたJREITおよびそのスポンサー企業による資産購入割合が減少し、不動産会社や投資ファンドの割合が増加した。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved