2018/03/14 18:00更新
直営55店舗にRPAを導入/アパマン

RPA導入イメージ


 (株)アパマンショップリーシングは4月10日より、直営店55店舗にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション:ロボットによる業務自動化)を導入する。


 現在、空室情報は、同社グループが直営店ならびにフランチャイズ(FC)加盟店に提供しているシステム「AOS」(アパマンショップオペレーションシステム)に、手入力している。この作業に1店舗当たり平均で1日8時間が割かれており、業務効率化、正確性の向上が課題だった。
 そこで5店舗において、11ステップの作業のうち6ステップにRPAを活用したところ、同作業にかかる時間を1店舗当たり平均で1日約3時間に短縮し、40%の業務効率化を達成。また、自動化により入力ミスが削減、正確性の向上も実現できた。


 5月からはFC加盟店にも利用を拡大していく。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved