2018/04/16 18:00更新
分配金は3,797円/HLI18年2月期

 ヒューリックリート投資法人(HLI)は12日、2018年2月期決算を発表した。


 当期(17年9月1日〜18年2月28日)は、営業収益81億8,300万円(前期比15.3%増)、営業利益47億3,300万円(同17.7%増)、経常利益42億1,500万円(同19.4%増)、当期純利益42億1,400万円(同19.4%増)。1口当たり分配金は3,797円(同419円増)となった。


 「相鉄フレッサイン銀座7丁目」の追加取得など3物件を取得、2物件を譲渡した。期末時点の保有物件は44物件、取得価格合計は約2,564億円。都心・駅近にこだわったポートフォリオ構成が奏功し、ポートフォリオ全体の稼働率は99.7%(前期比0.4ポイント増)と高水準を維持した。


 今後は、マーケット賃料水準より低い賃料のテナントに対しては、増額更改により賃料の適正化を進めると共に、退去区画についてはマーケット賃料水準による後継テナントの早期リーシングに注力する計画。


 決算説明会に登壇したヒューリックリート投資法人およびヒューリックリートマネジメント(株)代表取締役の時田榮治氏は、「スポンサー経由での物件取得に加え、今後は外部物件の取得にも取んでいく。上場当初から掲げていた資産規模3,000億円の達成はすでに見えてきている」とコメントした。


 次期については、営業収益79億2,600万円、営業利益44億9,000万円、経常利益39億6,400万円、当期純利益39億6,300万円、1口当たり分配金3,570円を見込む。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved