2018/06/13 18:00更新
賃貸管理が堅調/JSB18年10月期2Q

 (株)ジェイ・エス・ビーは12日、2018年10月期第2四半期決算(連結)を発表した。


 当期(17年11月1日〜18年4月30日)の売上高は208億3,200万円(前期比6.8%増)、営業利益27億9,600万円(同6.8%増)、経常利益27億6,400万円(同8.0%増)、当期純利益17億5,500万円(同16.3%増)の増収増益。


 主力の不動産賃貸管理事業は、管理物件の増加や入居率が高水準を維持したことにより、学生マンションの家賃収入など各種サービス収入が堅調に推移。セグメント売上高196億9,100万円(同7.3%増)、営業利益33億6,200万円(同6.0%増)となった。


 高齢者住宅事業も、高水準の入居率を維持。収益基盤の拡張を目的に新たな事業拠点の展開準備にも注力し、セグメント売上高9億100万円(同13.2%増)、営業利益1億400万円(同107.6%増)となった。


 通期は、売上高383億2,800万円、営業利益28億6,800万円、経常利益27億7,900万円、当期純利益17億200万円を見込む。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved