2018/06/14 18:00更新
近畿圏M、戸当たり販売価格4ヵ月ぶりに上昇

 (株)不動産経済研究所は14日、2018年5月の近畿圏マンション市場動向を発表した。


 同月の発売は1,480戸(前年同月比14.8%減)となり、4ヵ月ぶりに前年同月を下回った。契約率も69.5%(同10.4ポイント低下)と低下した。


 1戸当たりの販売価格は3,868万円(同8.3%上昇)、1平方メートル当たり単価は64万4,000円(同3.9%上昇)。戸当たりは4ヵ月ぶり、1平方メートル単価は3ヵ月連続での上昇となった。


 即日完売物件は「ジオ阪急水無瀬ハートスクエア」2期4〜9次(大阪市三島郡島本町、7戸、平均1倍・最高1倍)と、「ウエリス宝塚」2期9・10次(兵庫県宝塚市、3戸、平均1倍・最高1倍)の2物件10戸。月末時点の販売在庫数は2,441戸で、前月末から8戸減少した。


 なお、6月については1,300戸の発売を見込む。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved