2018/07/12 18:00更新
有楽町の商業施設、10月開業/ヒューリック

「HULIC SQUARE TOKYO」イメージ


 ヒューリック(株)は12日、東京・有楽町で開発中の商業施設の名称を「HULIC SQUARE TOKYO」に決定。10月に開業すると発表した。


 東京メトロ「銀座」駅徒歩1分、JR「有楽町」駅徒歩3分など3駅4路線の利用が可能。敷地面積は約1,530平方メートル、延床面積は約1万5,782平方メートル。地上13階地下2階建てで、地下1〜地上3階には商業施設、4〜13階にはヒューリックホテルマネジメント(株)が運営する「ザ・ゲートホテル東京 by HULIC」(164室、12月オープン予定)が入居する。


 建物の外観は「水辺」と「柳」をイメージ。商業施設は飲食店やビジネスファッションなど5店舗が出店、10月中旬より順次開業する。
 「ザ・ゲートホテル東京 by HULIC」は、ザ・ゲートホテルシリーズの旗艦店となるもので、「華」と「粋」をコンセプトにデザインした。客室はアッパーミドル層を対象に6タイプを用意。平均客室面積は32平方メートル。最上階には銀座のまちを望める宿泊客専用のルーフトップテラスを設置している。12日より予約を開始した。


 12日に会見した同社代表取締役社長の吉留 学氏は「銀座・有楽町で当社が所有・管理する物件は今回で18棟となる。重点投資エリアとして注力するこのエリアで、大人に向けた新しい価値を発信したい」などと抱負を述べた。


 ヒューリックは、商業開発を事業戦略の一つとして2017年5月に自社開発の商業施設「HULIC &New SHIBUYA」をオープン。今後も同社戦略エリアの都心5区を中心に同シリーズを年間3〜4棟開発し、現在進行中のプロジェクトも含めて21年までに合計7棟をオープンする予定。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved