2018/08/10 18:00更新
高架下にフードインキュベーション施設/阪急電鉄

「阪急中津スクエア」外観


 阪急電鉄(株)と阪急不動産(株)は10日、阪急電鉄の中津高架下に、食をはじめとする各種イベントに利用できる施設「阪急中津スクエア」(大阪市北区)を開設した。


 阪急電鉄「中津」駅と「梅田」駅の間に所在。施設面積は約700平方メートルで、キッチンスペース「OSAKA FOOD LAB」と約400平方メートルのイベントスペースで構成している。


 飲食ビジネスの専門家チームによる育成支援やフードマーケットやセミナー開催を通じた商品販売機会の提供、食ビジネス関係者との交流機会提供といった食に係る起業家の育成プログラム「フードインキュベーション」を提供し、新たなビジネス創出を支援する。



イベントスペース



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved