2018/09/12 18:00更新
住まいのリフォームコンクール、28作品を選定

 (公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターは10日、「第35回住まいのリフォームコンクール」の受賞作品を発表した。


 住宅リフォームの普及促進とリフォームの水準向上を図ることが目的。1985年度より毎年実施しており、今回からは「住宅リフォーム部門」と「コンバージョン部門」の2部門にて開催した。4月から募集を開始し、6月29日までに「住宅リフォーム部門」には452件、「コンバージョン部門」には22件の応募が寄せられ、入賞28作品を選定した。


 国土交通大臣賞には、「住宅リフォーム部門」から「中京・風の舎」(京都市中京区、応募者:(有)エムズ建築設計事務所)が選ばれたほか、特別賞5作品、優秀賞22作品が入賞した。


 10月13日に「宇都宮グランドホテル」(栃木県宇都宮市)で開催される住生活月間中央イベント合同記念式典において国土交通大臣賞を授与。10月22日に「主婦会館プラザエフ」(東京都千代田区)にて、入賞者への表彰状授与を行なう。併せて、特別賞作品の作品発表会を開催する。


 詳細は、同センターホームページを参照。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved