2018/09/12 18:00更新
プロロジス、草加に物流施設を開発

物流施設「プロロジスパーク草加」完成イメージ


 プロロジスは10日、埼玉県企業局が整備する「草加柿木フーズサイト」(埼玉県草加市)に、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク草加」の開発を決定した。


 同施設は、外環道草加ICから約4.2km、外環三郷西ICから約4.9kmに位置。JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅より徒歩約13分でアクセスすることも可能。敷地面積約6万8,816.90平方メートル、延床面積約15万1,000平方メートル、地上2〜4階建ての予定。


 草加柿木フーズサイトは、食品製造・加工等の業務を行なう企業が集積する産業団地。すでにすべての分譲地において進出企業が決定しており、プロロジスは唯一の賃貸型物流施設として、全体約19万平方メートルの開発区域のうち約7万平方メートルの敷地を取得し、同施設を開発する。


 着工は2020年夏、竣工は21年の予定。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved