2018/09/12 18:00更新
70年築の自社都市型マンションを建て替え

 東急不動産(株)は12日、分譲マンション「東急アルス本郷」(東京都文京区、総戸数64戸)の建替事業者に決定したと発表した。


 同物件は、1970年に竣工した同社の都市型分譲マンションシリーズ「アルス(Urban Life Series=都市生活)」の第1号。「都市型」を標榜するに値する立地の選定や、当時の新しいライフスタイルを先取りした商品として開発した。


 東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目」駅より徒歩5分。敷地面積約1,725平方メートル。鉄骨鉄筋コンクリート造地上10階建て、延床面積約6,637平方メートル。


 高い交通利便性を持ち、良好な住環境にありつつも、老朽化と耐震性の問題から10年間にわたり住民間で建て替えが検討されており、同社グループはこれまでも補強工事や耐震診断等を実施、耐震対策についてもアドバイスを行なってきた。


 建て替えは、マンション建替え円滑化法を活用。2023年度に完了する見込み。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved