2018/09/14 18:00更新
分配金は2,773円/SAR18年7月期

 スターアジア不動産投資法人(SAR)は13日、2018年7月期決算を発表した。

 当期(18年2月1日〜7月31日)は、営業収益28億1,000万円(前期比12.0%減)、営業利益15億7,600万円(同23.2%減)、経常利益13億500万円(同30.4%減)、当期純利益13億500万円(同27.6%減)。1口当たり分配金は2,773円(同1,304円減)となった。

 期中、公募増資を実施し、取得価格合計107億4,300万円の物件取得を敢行。当期末時点のポートフォリオ29物件(取得価格合計860億9,700万円)、期末稼働率は97.7%だった。

 次期については、営業収益37億9,500万円、営業利益22億9,800万円、経常利益19億3,600万円、当期純利益19億3,600万円、1口当たり分配金3,580円を見込む。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved