2018/09/14 18:00更新
タマホーム、ミャンマーに進出。現地企業と合弁

 タマホーム(株)は12日、シンガポールの現地法人・Tama Global Investment Pte.Ltdを通じて、ミャンマーで不動産開発・建設工事等を手掛けるKakehashi Real Estate Group Co.,Ltd(以下、カケハシ社)との合弁企業・Kakehashi Tama Home Deveropment Co.,Ltd(カケハシ・タマホーム・ディベロップメント)を設立した。


 新会社の代表はカケハシ社社長のKyaw Myo Lynn氏。資本金は約8,800万円で、出資比率はTama Global Investment Pte.Ltdが35%、カケハシ社が65%。


 ミャンマーで8月1日に施行した新会社法では、外国企業の出資比率が35%以内であれば内資企業として扱われ、外資企業に課せられる規制の対象外となった。これを受けて、同社では今後同国での分譲マンション開発事業が活発になると判断、今回の合弁会社設立に至った。同社は、合弁会社設立を機にメコン圏での本格的な事業展開を目指す。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved