2018/12/06 18:00更新
京橋に環境主軸のオープンイノベーション拠点

「シティラボ東京」カンファレンススペース


 東京建物(株)は6日、環境を主軸とした持続可能な都市・社会づくりのためのオープンイノベーション拠点「City Lab TOKYO(シティラボ東京)」(東京都中央区)をオープンした。


 東京スクエアガーデンの6階に開設。面積は約300平方メートルで、最大120人の収容が可能。コワーキングスペースとカンファレンススペースで構成されており、個人ワークからワークショップ、セミナー、ネットワーキングパーティなど、多様な活動に対応する。


 持続可能な都市・社会づくりを目的に、SDGs(持続可能な開発目標)やESG投資(環境・社会・ガバナンスの英語の頭文字を合わせた言葉で、これらの要素を考慮した投資)、テクノロジーなどをテーマとした各種イベントを開催する予定。サステナビリティを軸としたスタートアップコミュニティの立ち上げや、社会起業家育成プログラムの提供等、オープンイノベーションプラットフォームの役割を担う場所として運営していく。


 なお施設運営は、NPO法人日本都市計画家協会を母体とする組織である(一社)アーバニストと共同で取り組む。



「シティラボ東京」サロンスペース



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved