2018/12/07 18:00更新
新設住宅着工、2ヵ月ぶりに減少/東京都

 東京都は6日、2018年10月の住宅着工統計を発表した。


 10月の新設住宅着工戸数は1万2,176戸(前年同月比4.4%減)と、2ヵ月ぶりに減少した。


 利用関係別では、持ち家が1,514戸(同14.9%増)と2ヵ月連続の増加、貸家は6,476戸(同4.6%減)と2ヵ月ぶりの減少。分譲住宅は4,102戸(同10.9%減)と3ヵ月連続の減少で、うち、マンションは2,277戸(同22.3%減)、戸建ては1,763戸(同13.5%増)。


 地域別では、都心3区は309戸(同11.2%減)、都心10区は2,983戸(同0.7%減)、区部全体では9,429戸(同9.7%減)、市部では2,710戸(同19.2%増)。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved