2019/02/08 18:00更新
建築施工量が増大、売上高13%増/長谷工19年3月期3Q

 (株)長谷工コーポレーションは8日、2019年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。


 当期(18年4月1日〜12月31日)は、売上高6,553億7,900万円(前年同期比13.0%増)、営業利益709億6,300万円(同7.5%増)、経常利益712億7,300万円(同7.5%増)、当期純利益632億5,800万円(同38.9%増)となった。


 建設関連事業については、分譲マンション新築工事の受注が首都圏で大規模物件(200戸以上)20件を含む56件、近畿圏・東海圏で大規模物件3物件を含む10件となり、合計で66件となった。マンション建築工事の施工量・不動産取扱量の増大に伴ってセグメント売上高は5,230億円(同15.8%増)、営業利益も675億円(同5.3%増)と増収増益となった。


 サービス関連事業は分譲マンションの引き渡しに加え、新築マンション販売受託において契約・引き渡し共に増加したことにより、セグメント売上高1,537億円(同7.1%増)、営業利益70億円(同27.5%増)だった。


 通期業績については、売上高9,000億円、営業利益1,015億円、経常利益1,000億円、当期純利益820億円を見込む。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved