2019/07/11 18:00更新
京急、観音崎でアウトドアオフィス

アウトドアオフィスのイメージ


 京浜急行電鉄(株)は11日、(株)スノーピークビジネスソリューションズと協業し、京急グループの「観音崎京急ホテル」(横須賀市走水)でアウトドアオフィスサービス「CAMPING OFFICE KANNONNZAKI」を開始した。


 同ホテルには2017年6月にスノーピーク初の常設グランピング施設「snow peak glamping 京急観音崎」がオープンしており、それに続く共同事業の第2弾となる。


 スノーピークのテントなどを利用してアウトドアオフィスの環境を整備。企業研修やオフサイトミーティングの場として提供するもの。利用者は、テントの設営などの共同作業を行うことでチームビルディング効果が得られるとともに、従来の仕事観を見直すきっかけとなる。


 同社は、グループ中期経営計画に盛り込んだ「都市近郊リゾート三浦の創生」とスノーピークビジネスソリューションズのコーポレートメッセージ「自然と、仕事が、うまくいく。」の両立に向け、さらに連携を強化していく考え。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved