2020/02/13 18:00更新
ICTショールームに完全無人化モデル/三井不









コンテナやコンベヤライン、ピッキングロボットなどを設置




商品搬出から積載までフルオートメーションの工程を展示している



 三井不動産(株)は13日、物流ICT体験型ショールーム「MFLP ICT LABO2.0」をオープンした。


 2017年9月、ICTを活用して自動化・効率化を進めてもらうことを目的として、MFLP船橋I内に「MFLP ICT LABO」をオープン。以来、延べ250社以上の企業が来場し、10社を超える企業で物流ICT機器が実際に導入された。今回、共用施設棟であるMFLP船橋・&GATE内に同施設を拡張移転。「MFLP ICT LABO2.0」としてバージョンアップした。


 従前施設の約10倍に相当する約1,425平方メートルのスペースに、「ソリューション提案強化の一環として、庫内物流全体を完全無人化・自動化したモデル」(同社常務執行役員ロジスティクス本部長・三木孝行氏)として、トラックコンテナの商品搬出から積載までフルオートメーションの工程を展示する。なお、同施設のフルオートメーションで稼働した場合、20人の人員を削減できるという。


 また約30種類に及ぶ最先端の物流ICT機器の展示も実施。実際に体験もできるようにしている。


 さらに、テナント企業のニーズに対応したソリューション提供を目的に、コンサルティングルームも併設。MFロジソリューションズ(株)がコンサルティングサービスを提供、オーダーメイドのソリューション提供にさらに力をいれる。


 三木氏は、「入居企業および入居検討企業に向けた施設だが、当社の顧客以外の企業にも、そして海外の企業の人にもぜひ見にきていただきたい。物流の問題は、今や社会的な課題である。そして物流コストを下げるということは、日本が国際競争に打ち勝つことにもつながる」と力強く語った。



テープカットの様子(左から6番目が三木氏)



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved