2020/03/25 18:00更新
リスト、ハワイ不動産に一元管理システム導入

「Wealth Park」を使った管理画面イメージ


 リストインターナショナルリアルティ(株)は25日、不動産オーナー向けの資産管理・運用ソフトウェア「Wealth Park」を4月1日から導入すると発表した。


 同社は2012年にハワイでの高級コンドミニアム開発に参画して以来、現地に2拠点を構えて不動産売買仲介、販売後の物件管理、売却相談などにワンストップで対応している。ただ、物件管理では管理担当者メールや電話ベースで問い合わせ対応や報告書提出を行なっており、オーナー・管理担当者双方が関連書類やデータを各自で管理しなければならず、管理担当者以外が対応することが難しいといった課題もあった。今回、同システムを導入することで、資産情報の管理やポートフォリオ物件・ローンの概要、契約書等の管理、収支報告書のダウンロードといった業務をスマートフォンアプリやウェブ上で一元管理できるようにする。また、システム上でオーナーとのチャットもできるためコミュニケーションも取りやすくなるという。


 4月1日以降、順次同社が管理を受託するハワイの不動産を同システム上での管理に移行していく。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved