2020/09/15 18:00更新
都心5区ビル空室率、小幅に上昇

 三幸エステート(株)は15日、2020年8月度の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)および全国6大都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)の大規模ビル(1フロア面積200坪以上)のマーケットデータを公表した。


 東京都心5区の空室率は0.66%(前月比0.06ポイント上昇)と、小幅に上昇し、2ヵ月前の水準に戻った。新型コロナウイルスの影響を受け、解約が増加したのは4月7日の緊急事態宣言発令後であり、空室率の対象となる現空床になるには、まだ時間がかかる見込み。現空面積は4万1,152坪(3,151坪増)。


 1坪当たりの募集賃料は3万1,589円(同351円減)と、4ヵ月連続で低下した。募集中の物件でも条件を見直す動きが出始めており、賃料は頭打ちから低下傾向へ移行しつつある。募集面積は37万6,529坪(同3万160坪増)。


 一方、全国6大都市の空室率は、東京23区0.9%(同増減なし)、札幌市1.1%(同増減なし)、仙台市3.7%(同0.1ポイント低下)、名古屋市1.5%(同0.1ポイント上昇)、大阪市1.7%(同0.2ポイント上昇)、福岡市1.3%(同増減なし)となった。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved