2020/09/16 18:00更新
八重洲でBCP対策に配慮したオフィスビル

「(仮称)関電不動産八重洲ビル」外観イメージ


 関電不動産開発(株)は16日、「(仮称)関電不動産八重洲ビル」(東京都中央区)の新築工事を着工した。


 「東京」駅や、東京メトロ銀座線「京橋」駅など5駅16路線の利用が可能。敷地面積約1,352平方メートル、延床面積約1万3,482平方メートル、鉄骨造地上13階地下1階建て。


 基準階貸室面積は約850平方メートル、整形・無柱のオフィス空間を実現。貸室内には、プライベートテラスやオフィスキッチンを設置する他、屋上には屋外ワークや社内イベントで活用できる約250平方メートルのルーフテラスを設ける。
 人検知センサーによる照明・空調の自動制御システムなど、さまざまな環境配慮技術も採用。結果、設計段階で建物物省エネルギー性能表示制度(BELS)の最高ランク、および「ZEB Ready」認証を取得した。また、免震構造や2回線受電の採用、72時間対応の非常用発電機の設置などに加え、有事の際のオイルタンクや受水槽の残量を見える化する設備も導入し、テナント企業の事業継続を支援する。


 竣工は2022年5月31日を予定。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved