2020/10/16 18:00更新
約4割が「テレワークをやめた」/大東建託調査

 大東建託(株)は16日、2回目となる「新型コロナウイルスによる意識変化調査」の結果を発表。同日、調査・分析を担当した同社賃貸未来研究所所長の宗 健氏が説明した。


 同調査は、住まいへの意識変化やテレワーク実施状況等について聞いたもので、今後も定期的に実施する。調査期間は9月11〜16日、全国の男女を対象にインターネットでアンケートを行なった。回答者数は2,120人で、半数が前回調査(7月公表)でも回答している。


 テレワークの実施について、「過去6ヵ月以内にテレワークした」のは26.3%(前回調査比0.3ポイント低下、※前回調査の設問は「3ヵ月以内」)。そのうち39.2%が「テレワークをやめた」と回答した。職業別では「公務員」が71.4%とやめた人が最も多く、「パート・アルバイト」が47.5%、「正社員(製造・現場職)」が41.7%となった。


 不動産市場については、「これから家賃は下がると思う」が56.2%(前回調査比1.1ポイント上昇)、「これから不動産価格は下がると思う」は67.6%(同1.9ポイント低下)と先安感がかなり強く表れた。


 また、「これから郊外の人気が上がると思う」が57.6%(同7.8ポイント上昇)、「これから地方の人気が上がると思う」が57.7%(同6.4ポイント上昇)と、大きく上昇。「コロナをきっかけに郊外への引っ越しを考えている」は8.9%(同3.6ポイント上昇)で、「コロナをきっかけに都心への引っ越しを考えている」7.0%(同1.7ポイント上昇)を上回った。「テレビ・メディアの報道の影響が色濃く出た。ただし、意向と実際の行動には乖離があるので、当面は大きな動きはないのでは」(宗氏)。


 今回からの設問として住居志向について聞いたところ、「コロナをきっかけに戸建てが良いと思うようになった」が45.1%、「コロナをきっかけにもっと広い家に住みたいと思うようになった」が22.6%となった。「広さよりも戸建ての遮音性や部屋数といった要素がテレワークの普及を背景に評価されている」(宗氏)。



一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)
Copyright (C) FUDOSANRYUTSU CO.,LTD 2005.All rights reserved