公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

台東区で6棟目のホテル開業/アパ

2017/08/10 18:00更新
アパ
式典ではテープカットが行なわれた


 アパホテル(株)は10日、「アパホテル<浅草田原町駅前>」(東京都台東区、総室数465室)を開業。同日、開業記念式典を行なった。


 同ホテルは、東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩1分。台東区では6棟目のホテルとなる。浅草の主要観光スポットにも徒歩圏であり、国内外観光・ビジネス両面での需要を吸収できると期待する。鉄骨造地上14階建て、客室はシングル・ダブル415室、ツイン49室、DXツイン1室で、最大収容人数は930人。シングル1泊通常料金は1万8,000円から。


 最上階には露天風呂付大浴場を設置、女性用の露天風呂や一部客室からは東京スカイツリーの眺望も楽しめる。全客室は、50型以上の大型液晶テレビやオリジナルベッド、節水型のオリジナルユニットバスなどを装備した。また、ベッドの枕元に照明やリモコンのスイッチ類、コンセント、USBポートを集約するなど宿泊者の利便性を高めている。


 フロントには今回初めて、すべての予約経路に対応したオリジナルの自動チェックイン機を導入した。


 開業式典に先立って行なった記者会見で、アパグループ代表の元谷 外志雄氏は「浅草エリアは、これまでに開業したホテルの多くが高稼働しているほか、台東区を訪れる旅行者が国内外合わせて年間5,000万人に達するなど、戦略的な重点地区と捉えている。今回のほか、さらに3棟が計画中であり、合計9棟となる予定だ」などと、エリアのポテンシャルを紹介。2020年に向けた供給戦略については、「これまで都心展開を進めてきたが、今後は地方でも積極的に展開していきたい。そのためにFCや提携ホテルにも力を入れていく」などと話した。


DX
最上階のDXツイン