公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

減収減益/いちご17年2月期2Q

2017/10/12 18:00更新

 いちご(株)は12日、2017年2月期第2四半期決算(連結)を発表した。


 当期(17年3月1日〜8月31日)は、売上高333億8,600万円(前年同期比61.2%減)、営業利益126億5,000万円(同15.6%減)、経常利益115億6,200万円(同16.4%減)、当期純利益88億7,300万円(同25.7%減)。


 アセットマネジメント事業では、運用フィーが増加した一方、第1四半期に同社100%子会社を売却したことによる施設管理収入減少等により、売上高は17億9,500万円(同46.7%減)、セグメント利益は9億9,990万円(同32.1%減)にとどまった。
 新たな不動産価値を創造する「心築(しんちく)」事業については、いちごオフィスリートおよびいちごホテルリートへの物件供給のタイミングが集中した影響で、売上高は298億1,000万円(同63.8%減)、セグメント利益は110億9,200万円(同15.3%減)に。
 クリーンエネルギー事業では、発電設備販売収入が増加したことにより、売上高22億4,100万円(同84.6%増)、セグメント利益5億9,600万円(同70.0%増)を計上した。


 通期は、売上高755億円、営業利益206億円、経常利益183億円、当期純利益135億円を見込む。