公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

「あそぶ」などコンセプト型Mリノベ新商品

2017/12/07 18:00更新

「あそぶ」をコンセプトにした体感型モデルルーム


 (株)小田急ハウジングと小田急不動産(株)は、マンションリノベーションの提案強化策として、新商品「リノフィーノ」を発売。第1弾として神奈川県相模原市に「あそぶ」をコンセプトにした体感型モデルルームを開設した。


 「リノフィーノ」は、「楽しい暮らしをデザインする」をテーマに、ライフスタイルに合わせた3つのコンセプトプラン「こもる」「あそぶ」「つどう」を用意。「こもる」はLDKや居室の中に趣味や読書に夢中になれる小さな部屋を設置したプラン、「あそぶ」はヨガやボルダリングスペース、自転車置場など室内でも自由に遊べるアクティブプラン、「つどう」は広いLDKで料理教室やホームパーティ等を楽しむ、“食”を中心としたプランとなる。


 両社が連携し、リノベーションに適した物件探しから引っ越しサポートまで、ユーザーの要望にワンストップで対応。30〜40歳代の一次取得者層や、60歳代のアクティブシニア層をターゲットに、ニーズを満たす、リノベーションで人気の高い仕様・設備や意匠を兼ねそろえた空間デザインを提案する。


 モデルルームは、小田急線「相模大野」駅徒歩13分に立地。1995年10月築。鉄筋コンクリート造地上6階建ての2階部分。間取りは2LDK、専有面積は64.04平方メートル。ヨガや自転車等の趣味に生かせるアクティブリビング、アイランドキッチンを中心としたダイニングやファミリーリビングが続き間のように連続したリノベーションを提案する。モデルルーム開設期間は2018年3月末までの予定。


 また、発売に合わせて「リノフィーノ」の特設サイトも開設した。



「つどう」コンセプトイメージ