公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

3期連続の増収増益/住友不18年3月期3Q

2018/02/13 18:00更新

 住友不動産(株)は13日、2018年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。


 当期(17年4月1日〜12月31日)は、営業収益7,077億6,400万円(前年同期比4.1%増)、営業利益1,660億9,300万円(同14.7%増)、経常利益1,569億4,200万円(同19.6%増)、四半期純利益1,082億9,500万円(同23.0%増)と、第3四半期では4期連続の増収増益を達成。


 セグメント別では、主力の不動産賃貸では前期に竣工した「住友不動産六本木グランドタワー」などの通期稼働が寄与、営業収益2,619億5,800万円(同3.9%増)、営業利益1,120億7,600万円(同12.1%増)。
 不動産販売では「シティタワー目黒」「ガーデンヒルズ四ツ谷 迎賓の森」などの引き渡しを開始し、営業収益2,527億円(同4.7%増)、営業利益431億9,100万円(同16.2%増)。
 不動産流通では、仲介件数が2万7,873件(同4.2%)と過去最高を記録、営業収益501億2,800万円(同8.1%増)、営業利益152億2,800万円(同24.0%増)。
 完成工事では営業収益1,390億1,500万円(同1.1%増)、営業利益87億6,000万円(同10.2%増)。


 通期は、営業収益9,500億円、営業利益2,030億円、経常利益1,850億円、当期純利益1,180億円を見込む。