公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

建設売上は12%増/東建コーポ18年4月期3Q

2018/03/14 18:00更新

 東建コーポレーション(株)は13日、2018年4月期第3四半期決算(連結)を発表した。


 当期(17年5月1日〜18年1月31日)は、売上高2,425億3,700万円(前年同期比9.0%増)、営業利益148億6,400万円(同13.7%増)、経常利益153億5,000万円(同14.9%増)、当期純利益102億5,300万円(同15.3%増)。


 主力の建設事業は、期初受注残を背景に完成工事高が増加。利益率の低い工事が増えたものの、売上高は1,236億2,200万円(同12.0%増)、営業利益156億5,300万円(同16.9%増)を計上した。


 不動産賃貸事業は、サブリース経営代行制度の家賃収入増等で売上高1,168億7,500万円(同6.2%増)、営業利益53億700万円(同5.5%増)となった。


 通期では、売上高3,296億7,600万円、営業利益197億3,300万円、経常利益200億1,900万円、当期純利益136億8,700万円を見込んでいる。