公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

マンション分譲は増益/プロスペクト18年3月期

2018/05/16 18:00更新

 (株)プロスペクトは15日、2018年3月期決算(連結)を発表した。


 当期(17年4月1日〜18年3月31日)は、売上高119億2,700万円(前期比15.7%減)、営業損失13億5,400万円(前年同期:営業損失4,300万円)、経常損失9億900万円(同:営業利益5億1,600万円)。The Prospect Japan Fund Limitedの子会社化で負ののれん発生益24億2,000万円を特別利益に計上、当期純利益17億2,000万円(前期比252.0%増)。


 主力のマンション分譲は、「グローベル ザ・高円寺プレミアム」(全43戸)をはじめ、3棟・120戸(前期:3棟・131戸)を竣工。販売状況は115戸(同:141戸)、43億7,900万円(前期比8.75%減)を計上。その結果、売上高は137戸(前期:115戸)、49億2,600万円(前期比20.0%増)、セグメント利益は6億200万円(同92.3%増)となった。


 なお、同社では、経済情勢や市場環境の変動による影響を大きく受けるM&Aやアセットマネジメント事業を展開しているため、次期予想は開示していない。