公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

御成門に建て替え再開発ビル/住友不

2018/05/16 18:00更新

オフィスビル「住友不動産御成門タワー」外観


 住友不動産(株)は16日、オフィスビル「住友不動産御成門タワー」(東京都港区)を竣工した。


 同ビルは、都営三田線「御成門」駅徒歩1分、都営浅草線・大江戸線「大門」駅徒歩6分に位置。1975年竣工の旧ナショナルビルを、鉄骨造中間免震構造・地上22階地下2階建てに建て替えた。延床面積は従前ビルの約1.6倍となる約1万坪とし、災害時におけるBCP対応設備や最新スペックを備えている。


 公共施設整備として、地下鉄「御成門」駅と地下で接続、バリアフリーの新出入口を敷地内公園空地に設置。敷地周辺の歩道状空地やピロティにより、来街者が安全で快適に歩行できる空間整備を実施した。また、地区全体の緑被率を約35%確保することで、芝公園と一体的な緑化空間を形成、ヒートアイランド現象の緩和など環境にも配慮している。


 オフィスは1フロア面積1,000平方メートル超、天井高3.0mの整形無柱空間とし、多様化するオフィスづくりのニーズに対応。竣工時満室での稼働となる。
 シリーズ30施設目となる「ベルサール御成門タワー」(3・4階部分)は、天井高6.0m、ホール免責約1,250平方メートルの大型イベントホールとした。