公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

分配金は5,807円/MIR18年4月期

2018/06/13 18:00更新

 投資法人みらい(MIR)は13日、2018年4月期決算を発表した。


 当期(17年11月1日〜18年4月30日)は、営業収益39億5,800万円(前期比17.3%増)、営業利益19億700万円(同14.8%増)、経常利益16億9,800万円(同11.7%増)、当期純利益17億600万円(同12.2%増)、1口当たり分配金5,807円(同632円増)だった。


 期中、新たに4物件を取得。1物件を譲渡した。これにより、期末ポートフォリオは21物件、取得価格ベースで約1,096億円となった。賃貸可能面積は約21万平方メートル、期末時点の稼働率は100%。


 次期は、営業収益42億6,900万円、営業利益20億8,100万円、経常利益19億円、当期純利益18億9,900万円、1口当たり分配金5,600円を見込んでいる。