公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

民泊事業を開始。押上で初弾/東武不

2018/06/14 18:00更新

住宅宿泊事業施設外観


 東武鉄道(株)グループの東武不動産(株)は15日、住宅宿泊事業を開始する。


 同社が所有する木造2階建ての建物(東京都墨田区)をリノベーション。1階を商業テナント(ラーメン店・カラオケ店・居酒屋)、2階を全3室の宿泊施設とする。間取りは1DK・2室(20平方メートル、25平方メートル)と2LDK・1室(40平方メートル)で、定員は各部屋4〜6名。利用料は1部屋2泊(4人)で3万8,000円〜。


 建物内にはパンフレットラックを設置し、東京スカイツリータウンなどの周辺グループ施設や東武沿線観光地、墨田区内の商店などの紹介を行なう。また、「墨田区ならではの体験」として、シェアサイクルを使った下町散策ツアーのほか、地元企業と連携した体験型プログラムも実施する予定。


 訪日外国人観光客の多様化する宿泊ニーズに東武沿線において応えるとともに、東武沿線の観光施設などのPRや、周辺地域との協力により、地域活性化を図っていく。



客室の一室