公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会

不動産関連ニュース

IT時代こそ、サービスの強化を/ERA

2018/07/11 18:00更新

「人だからこそできるサービスの強化を図りたい」と話す、斎藤社長


 不動産フランチャイズの(株)LIXILイーアールエージャパン(ERA)は10・11日、「ニトリ文化ホール」(札幌市中央区)にて「2018年 ERA北海道全国大会」を開催。2017年度の実績報告や18年度の事業計画等を発表した。


 17年度は、加盟開発セミナーの開催や加盟店120社からの紹介による11社の新規加盟などの結果、目標としている500店舗達成が目前となったと報告。
 ERAの建物検査(インスペクション)の累計利用率は、127社・313件と、16年の開始以来右肩上がりで推移しており、依頼主の割合は売り主が多いものの近年は買い主からの相談も増加傾向にあるとした。
 超高齢社会を受けシニアフレンドリーな取り組みも推進。昨年初めて相続をテーマにセミナー月間を実施。全国85ヵ所以上で開催した同セミナーには1,000人のオーナーが参加したほか、認知症サポーターには160社・427人の登録を実現した。


 18年は、同社が掲げる「地域No.1のパートナーになる」を実現するため、加盟店が「貢献・強化・意識・活用」できる、各種サポートプログラムを展開していく。
 経営体質の強化につながる各種研修を充実。事業承継サポートに向けた新体制を構築するほか、経営計画策定研修、マーケティングや組織構築が学べる講座を開催するなど、後継者や経営者向け研修を拡充させる。
 不動産業務支援システム「ERA Pro CLOUD」における、IT重説対応やVR生成機能、SNSによる自動応答機能などを拡張するなど、加盟店がより一層活用できるツールを開発し、提供していく。


 同社取締役社長の斎藤雄二氏は、「不動産業界では、AI等の新しいIT技術の導入が進んでおり、しっかりと選択をしながら活用しなくてはいけない。一方で、人だからこそできるサービスや気配り、仲間との絆がある。今大会を仲間との情報共有や学びの機会として活用していただきたい」と述べた。
 また、西日本豪雨による加盟店の被災状況にも触れ、「9日時点では、一部自宅や事務所の被害はあったと聞いているものの、ケガなどの人的被害は一切ないと聞いている。本日も西日本エリアの出席予定者全員に参加いただけた。われわれもその元気に負けることなくがんばっていきたい」と話した。